したら領|まんが

善悪でなく人間を描きたい■アングラでサブカルな小冊子を連載しつつ「好きに描いているだけです」と謙遜しながら世界中に翻訳される作品を連発したい■出版物「眠れないオオカミ」「ティラノ部長」

したら領|まんが

善悪でなく人間を描きたい■アングラでサブカルな小冊子を連載しつつ「好きに描いているだけです」と謙遜しながら世界中に翻訳される作品を連発したい■出版物「眠れないオオカミ」「ティラノ部長」

マガジン

  • まんが創作基地

    したら領のまんが作品が並んでいる、月刊マガジン。したらの収入源であり創作の土台、応援される場所。読者の溜まり場になったら嬉しい

  • ティラノ部長(完結)

    バブル世代のおじさん会社員ティラノ部長が、あの頃とは違う「今」を必死に生きていく物語。(原作:鈴木おさむ 漫画:したら領 プロデュース:コルク佐渡島庸平)

  • エッセイ漫画のような

  • 眠れないオオカミ(完結)

    荒野にひとり…孤独なオオカミが立っている。過去の喪失で足が動けなくなってしまったようだ。オオカミは動き出すことができるだろうか。全3巻で単行本化(*=無料公開)

  • 愛を知らない桃太郎

    【あらすじ】昔々あるところに「悪太郎」という童がおりました。自分の強さだけが生きがいでした。しかしある時、倒せない者と出逢います。それは鬼でした

リンク

最近の記事

  • 固定された記事

初めましてしたら領です

そんな感じで したら領のnoteの読み方と自己紹介マンガでした 以下、主な作品群 良ければいいね・フォローよろしくお願いします ●完結作 ■日記のような、そうでないような

スキ
199
    • ティラノ部長の営業日誌④

      このシリーズはティラノ部長のスピンオフ作品です ■営業日誌の1話目はこちら 4話「よろしいならばリフォームだ」 5話「これが僕たちの売りたい本です」

      スキ
      17
      有料
      300
      • ティラノ部長の営業日誌③

        このシリーズはティラノ部長のスピンオフ作品です ■営業日誌:1話目はこちら 3話「美味しい罠でアポどり大作戦」 4話「よろしい、ならばリフォームだ」

        スキ
        13
        有料
        300
        • ティラノ部長の営業日誌②

          このシリーズはティラノ部長のスピンオフ作品です ■営業日誌:1話目はこちら 2話「昨日の敵は今日の戦友」 3話「美味しい罠でアポ取り大作戦」

          スキ
          13
          有料
          300

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • まんが創作基地
          したら領|まんが 他
          ¥980 / 月
        • ティラノ部長(完結)
          したら領|まんが
        • エッセイ漫画のような
          したら領|まんが
        • 眠れないオオカミ(完結)
          したら領|まんが
        • 愛を知らない桃太郎
          したら領|まんが
        • 読み切り
          したら領|まんが

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          ティラノ部長の営業日誌①

          *スピンオフ作品です 1話「売って売って売りまくれ!」 2022/11/11…いわゆる「ポッキーの日」にその会議は行われた。 議題は「どうしたらティラノ部長の電子書籍が売れるのか?」 1巻は紙書籍で発売できたティラノ部長であったが、売上がもう一押し届かず。2巻と3巻は電子書籍での発売となった。このまま流れに任せては、おそらく売上は上がらない。そう考えた担当編集と僕は、編集長の元に向かった。 「どうしたら売れるのか?」 その答えを編集長が持っている訳ではない。正解を当

          スキ
          13

          ティラノ部長の電子書籍、たくさん売れて欲しいので。ティラノ部長が「電子書籍を売る旅」に出る漫画を描いていく所存です

          スキ
          6

          漫記:ゲームに育成された者として

          *サムネは息子と散歩していたら、見つけた広い公園。空が広かった。 10/22 10/27

          スキ
          13
          有料
          200

          絵を振り返る③〜現在そして未来〜

          ■前回 ■今の自分に足りないもの ティラノ部長の連載を終えたのが、今年2022年3月。そして4〜9月の自分は次回作を描くため。暗中模索していた。 抽象的で寓話的に偏りがちな自分の作品に、もっと具体的な要素を入れ込みたかった。現実と物語を接続させたかった。そのためにどうすべきか。 とりあえず、たくさん描こうと思った。そして様々な作品を描いた。例えば… これとか↓ これとか↓ これとか↓ これとか↓ これとか↓ これとか↓ 色々描いた。 どれも長くは続かなかっ

          スキ
          28

          絵を振り返る②〜ティラノ部長編〜

          ■前回 ■1年前「ティラノ部長」 ティラノ部長の連載が始まったのは2020年の9月。そして最終話が2022年の3月。約一年半の連載だ。 そして1話目と最終話を比べるとわかるが。絵がけっこう変わっている。 ティラノ部長は番外編も含めると84話ある。その間におおよそ5段階の変化を遂げている。無理やり、その段階たちに名前をつけてみる。 1〈こんな感じ…かな?期〉 2〈なるほど、こういう感じね期〉 3〈カゲ濃くしたろ期〉 4〈輪郭強めでベタ塗りがカワイイやん期〉 5〈今まで

          スキ
          27

          絵を振り返る①〜眠れないオオカミ編〜

          ■3年前「眠れないオオカミ」 今から3年前は2019年。コロナが始まる前年だ。 「眠れないオオカミ」を描き始めた年でもある。どこを目指して描き始めて、どうなっていったのか。振り返ってみる。 まずは始まり 1話は先のことを考えずに、何かを吐き出すように描き始めた。だから展望があったわけではなく。自分の中に堆積している、憧れの絵描きたち…彼ら彼女らを煮詰めて描いた。例えば… ・後ろに広がる荒野は『ムーミン』やスーファミなどの2Dゲーム。 ・絵のザラザラ感と霧がかった雰囲気

          スキ
          17

          漫記:何度でも言おう…健康は素晴らしい

          *サムネは見かけるとつい買ってしまう「バナナチップスチョコ」。祭の時期に立ち並ぶ屋台を見ると、とりあえずチョコバナナを探す勢としては、気にかかる存在。 10/19 10/22

          スキ
          17
          有料
          200

          漫記:最近WEB連載の準備をしている

          *サムネは散歩の帰り道に寄ったカフェの、バナナカプチーノとホッッーキ。甘い物がそれほど得意じゃないのに「バナナカプチーノ」という名前に惹かれ、結果甘々になってしまった。 今となっては物静かな方で、決してペラペラとは喋らない僕ではありますが。幼い時分は、ウルサイ子供だったようで。その反動なのか終わらない反抗期なのか、何なのか「中学生あたりから、家ではほとんど喋らなかった」と母は言います。 しかし興味があることに関してはペラペラと喋る方でして。話す相手がいないだけで本当はペラ

          スキ
          15
          有料
          200

          雑記:静かでゆるぎない熱が欲しい

          ※サムネイルは先日家族と開催した明石焼きパーティーの明石焼きたち 前回↓ 漫画を描くのは今でも楽しい。 描いている最中は没頭している。 しかし1日の中で、我に帰る頻度が多くなってきた。 ただ何も考えずに落書きをしているのが、1番気楽で楽しかった気もする。 だけどそれだけじゃ足りないから、こうやって前に進んでいて。 ワガママな話かもしれないけど。 「仕事」と言う責任とお金の問題。 実感と解離したフォロワー数がペン先を重くしているのだろうか。 それらのおかげで今の自分の

          スキ
          16

          雑記:「好き」で描き続けてきたもののn

          思えば、漫画を描き始めて来年で10年になる。 漫画、物語を紡ぐのが好きで。絵を描くのが好きで。 これを一生やっていくんだと決めた。 年がら年中漫画のことを考えて、少しずつ描けることが増えていった。 それは何にも変え難い喜びだった。 だから今のこの漫画家として成立している状況は、幸せだ。 仕事していると言う感覚は薄く、「漫画」と言う学問を探究する研究者のような気持ちで描いている。 「好き」だからやっている。 しかし反面、その気持ちが自分を縛り付けているような気がする。

          スキ
          16
          +2

          漫画の更新について

          スキ
          14

          『場所から自由になる』をテーマにPR漫画を描いてみた

          【持ち家 or 賃貸…どっちが得?】 そんな記事を何度か目にしたことがある。 一昔前はマイホームを手にし、マイカーに乗り、家族と過ごす。これが分かりやすい目標としてあった。しかし終身雇用は崩壊し、核家族も絶対ではなくなった現代。35年ローンを組んでひと所で一生を終えるという、高度経済成長期の神話を信じれなくなっている。 人々の価値観が揺らいでいる場所に、新しいサービスは出てくる。新しい需要に応えるように。 その一つがGoodroomさんの『ホテルパス』。ホテルの一部屋を

          スキ
          36