見出し画像

絵を振り返る②〜ティラノ部長編〜

したら領|まんが


■前回


■始めに
僕はコルクスタジオという作家と編集のコミュニティに所属している。
その中で「ここ数年の自分の絵を振り返ってみよう」という話が出た。3年前・1年前・現在という時間軸で。

面白そうだし良い機会なので、参加してみることに。今回は〈第二回〉、語るのは1年前

■1年前「ティラノ部長」

ティラノ部長の連載が始まったのは2020年の9月。そして最終話が2022年の3月約一年半の連載だ。

そして1話目と最終話を比べるとわかるが。絵がけっこう変わっている。


ティラノ部長は番外編も含めると84話ある。その間におおよそ5段階の変化を遂げている。無理やり、その段階たちに名前をつけてみる。

1〈こんな感じ…かな?期〉
2〈なるほど、こういう感じね期〉
3〈カゲ濃くしたろ期〉
4〈輪郭強めでベタ塗りがカワイイやん期〉
5〈今までの知見かき集めてバランスとったろ期〉


こんな感じだろうか。
ではそれぞれを振り返り、その変遷を辿っていこう。

■1〈こんな感じ…かな?期〉

1話ー19話

最初は手探り。しかも初めての原作付きの漫画。原作者は〈鈴木おさむさん〉。なのでおさむさんの話を聞いて、参考資料なんかも少し貰って、編集の人とも話しながら、キャラデザを3案ほど出して、決定。

おさむさんはこだわるポイントと、手放すポイントのバランスが秀逸だ。作品が成立する肝を、分かっているのだろうこのあたりのスピード感は作品全体を通してやり易かったし、勉強になった。

そして週刊というスピードの中で。ティラノ部長の性格と、表情のあり方、体も含めたリアクションの仕方を試行錯誤し、掴んでいった。それが第1段階。

■2〈なるほど、こういう感じね期〉

20話ー32話

20話あたりになると、だいぶ掴んできていた。絵柄も安定しているように思う。お話の方もたオムニバスっぽい感じから、連続性を持ったヒューマンドラマへと転換している。序盤に日常を積み重ね、主人公と読者の間に、絆と約束ごとができたタイミング。これは僕好みの構造かもしれないと気づいた。

さらにこの時期は、単純に絵が上達しているようにも見える。世界観の理解と技術の向上が、絵に安定感を与えている(少なくとも1話よりは)。

目のフチに見られた黒ベタも、無くなりつつある。

■3〈カゲ濃くしたろ期〉

33話ー44話

安定してくると、壊したくなってくる。したら領の性である。なので影を濃くしてみた。方向性としてアリだなと感じたので、9話ほどトライしている。
こうなったキッカケはおそらくモサ社長である。モサ社長のラスボス感を出すための策として…陰影を濃くする。という処理をしてみた。これがそれなりにハマったので、調子に乗って本編全体のカゲも濃くなっていく。

これが第3段階〈カゲ濃くしたろ期〉である。

■4〈輪郭強めのベタ塗りがカワイイやん期〉

45話ー65話

第3段階〈カゲ濃くしたろ期〉を経た結果。作品の雰囲気とズレているかも?と感じていた。相性の問題というか。(殺し屋の話とかだったら、カゲ濃くても良かったかもしれん。)なので思い切ってカゲを無くし始めたのが、45話あたりから。そして効率アップのためにもバケツ塗り(ベタ塗り)ツールを使ってみた。それもあって輪郭を少し強めにして、バケツで塗りやすくした結果…

「カワイイやん」これが今までで1番ハマった。なので描いている期間を見ると、1番長い。日本史で言うと江戸時代みたいな感じ。たぶん。

この方向性が一つの正解な気がする。今読み返して尚更そう思う。

■5〈今までの知見かき集めてバランスとったろ期〉

66話ー76話(最終話)+番外編

しかし安定してくると、壊したくなる。それがしたら領の性である。とは言え、壊した結果クオリティが下がるのは嫌だった。なので、66話からペンツールを「チョーク」から「Gペン」に替えている。それに留まっている。

GぺんにはGペンの良さがある。しかしティラノ部長に関しては、チョークの方が良かった気がする。結果的にそう思った。ただ、好みの問題も多分にある気がする。この辺りは良し悪しではないかもしれない。(最新の番外編ではチョークで描画している)

そして75話と最終話だけ。少し雰囲気が違うのにお気づきだろうか。これは線を少し細くしているから。さらに最終話に関しては描画を細かくしている。解像度を少し上げている…と言うか。つまり最後なので、少しだけ特別感を出したかった。ティラノ部長の日常が終わる。成長の1話だと思ったから。


ここまで読んでくれてありがとうございます。
以上が〈自分の絵を振り返る②〜ティラノ部長編〉でした。
ではまた次回。
さようなら〜。


そして最後に宣伝を二つ。
まずは今年中に「ティラノ部長の電子書籍②巻」が発売されますよ〜
と言うこと。現在挿絵、あとがき漫画など描いてます。
その際はよろしくお願いします。

そして、この記事は〈コルクフェス〉と言う有料のオフラインイベントをキッカケに書きました。もう今週末ですが。ご興味ある方はぜひ。

詳細はこちら↓

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
先読み&創作裏話が覗けます 創作活動を継続するため、世界に届く作品をつくるため 購読して貰えたらとても嬉しいです よろしくお願いします 創作でお返しします

まんが創作基地

¥980 / 月 初月無料

したら領のまんが作品が並んでいる、月刊マガジン。したらの収入源であり創作の土台、応援される場所。読者の溜まり場になったら嬉しい

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
したら領|まんが

世界中の本を集めた図書館があったとして。きっとその本棚は過去の名作や傑作でいっぱいです。その隙間のちょうど良い所に、自分の作品を差し込んでいけたら、良いなと思います。