見出し画像

【創作日記】魔王が打ち倒された後の世界で、職をなくした元戦士の少年少女たち【企画構想】


前々回、「勇者に殺される」という
構想段階の自作の話をしたのだけれど。
(こちら↓)


今回はその続き。


この作品は
いわゆるドラクエ的な世界観の作品を描きたくて
始めた企画で。

簡単におおすじを説明すると
「勇者が魔王を倒した後の平和な世界で
行き場をなくした戦士たちが
居場所を見つける話」

になる予定なのだけど。
その後、話を膨らまして考えていた結果。
主人公たちを子供(中学生くらい)にした方が
面白そうだと思い。

四人組の子供のキャラクターを描いてみた。

エディ(仮)
クリス(仮)
アモン(仮)
ベッキー(仮)

(女の子のベッキーがちょっとベルセルクのシールケ過ぎるので、髪型など変える予定)


イメージボードも一枚だけ描いてみた


この子供たちは元々、少年兵で
さきの魔王と勇者との大戦にも
参加していた。

いわゆる帰還兵のような存在。

身寄りがない彼らは戦争が終わると
帰るところがなく
職もなく

墓場に住み着いて
盗賊として生活している
という設定。

この設定は
ある番組と映画から
着想を得た

一つ目は
「ハイパーハードボイルドグルメリポート」の
1話目
Netflixで配信されている


二つ目は
…タイトルを忘れてしまった。
ネットで探したけど
見つけられず
もし見つけたら
修正しときます。

テロリストの少年たちの
話だったかな
映像が美しくて
狭いコミュニティの中の
奇妙なルールや
笑顔と悲惨さが同居している
雰囲気が印象的だった

ような気がする


勇者の戦いには戦争としての側面があるはずで
そこを描きたいのかもしれない

ただそんなに重い話にはしたくないので
異世界ファンタジーのポップな感じは
残しつつ
描けたら良いなと思う。

では最後に
〈まんが創作基地〉購読者の方に向けて
自作のフリーアイコンを
配布して終わります。

ではまた、さようなら〜

今回は、ライオンのアイコンにしました

ここから先は

89字
ここはしたら領の創作の土台。ここの活動費をベースに漫画を描き続けることができています。(いつもありがとうございます) 私は死ぬまで創作します。人間の感情を絵と言葉で捉える研究をします。購読して頂けるととても嬉しいです。

まんが創作基地

¥980 / 月 初月無料

1、2ヶ月早くオリジナル漫画の「先読み」ができます。時々「あとがき」や「おまけ」で創作裏話を書きます。

みんなそれぞれ本棚を持っていて、私も私の本棚を持っています。すでに名作や傑作でいっぱいの本棚に「自分の作品を差し込みたい。」それが私の挑戦です。たくさん作品を生み出して、トライしていきます。助力いただけると嬉しいです。