見出し画像

雑記:静かでゆるぎない熱が欲しい

したら領|まんが

※サムネイルは先日家族と開催した明石焼きパーティーの明石焼きたち

前回↓


漫画を描くのは今でも楽しい。
描いている最中は没頭している。
しかし1日の中で、我に帰る頻度が多くなってきた。

ただ何も考えずに落書きをしているのが、1番気楽で楽しかった気もする。
だけどそれだけじゃ足りないから、こうやって前に進んでいて。

ワガママな話かもしれないけど。
「仕事」と言う責任とお金の問題。
実感と解離したフォロワー数がペン先を重くしているのだろうか。

それらのおかげで今の自分の生活が成り立っているのに。
ずっとそうなりたかったはずなのに。
判然としない気持ちが心の底をゆっくりと流れている。

今のところそれが濁流となって襲ってくる気配はないけど
じっと眺めていると、少し不安になってくる。
(気づいたら氾濫してたりして)

これを問題とするなら、気持ちのシフトが必要なのではないか。
ただ訳もわからず走り続け、ランナーズハイになっていた時代から。
茶を立てる、茶道のような静かな熱がいるのかもしれない。
(茶道したことないけど)

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
先読み&創作裏話が覗けます 創作活動を継続するため、世界に届く作品をつくるため 購読して貰えたらとても嬉しいです よろしくお願いします 創作でお返しします

まんが創作基地

¥980 / 月 初月無料

したら領のまんが作品が並んでいる、月刊マガジン。したらの収入源であり創作の土台、応援される場所。読者の溜まり場になったら嬉しい

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
したら領|まんが

世界中の本を集めた図書館があったとして。きっとその本棚は過去の名作や傑作でいっぱいです。その隙間のちょうど良い所に、自分の作品を差し込んでいけたら、良いなと思います。