見出し画像

雑記:「好き」で描き続けてきたもののn

したら領|まんが

思えば、漫画を描き始めて来年で10年になる。
漫画、物語を紡ぐのが好きで。絵を描くのが好きで。
これを一生やっていくんだと決めた。

年がら年中漫画のことを考えて、少しずつ描けることが増えていった。
それは何にも変え難い喜びだった。
だから今のこの漫画家として成立している状況は、幸せだ。

仕事していると言う感覚は薄く、「漫画」と言う学問を探究する研究者のような気持ちで描いている。

「好き」だからやっている。
しかし反面、その気持ちが自分を縛り付けているような気がする。

「描くのが好きだ、漫画を描いていない自分に何の意味があるのか」
ふとそんな気持ちが頭をよぎることもある。

ただただ夢中で描いていた時代は過ぎて
あの頃の熱は落ち着いてしまったのだろうか。
「好き」って何だ?
そんなことを最近よく考える。

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
先読み&創作裏話が覗けます 創作活動を継続するため、世界に届く作品をつくるため 購読して貰えたらとても嬉しいです よろしくお願いします 創作でお返しします

まんが創作基地

¥980 / 月 初月無料

したら領のまんが作品が並んでいる、月刊マガジン。したらの収入源であり創作の土台、応援される場所。読者の溜まり場になったら嬉しい

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
したら領|まんが

世界中の本を集めた図書館があったとして。きっとその本棚は過去の名作や傑作でいっぱいです。その隙間のちょうど良い所に、自分の作品を差し込んでいけたら、良いなと思います。