見出し画像

新作思案中①

新作の漫画を描きたくて。最近はラクガキがてらキャラクターを描いています。

主人公はワニで。4階立ての沈没船で暮らしている。

ワニ

沈没船と言っても完全に沈んでいる訳ではなく。浅瀬のサンゴに座礁して、とても小さい無人島を形成している様な状態。風変わりな住人たちと暮らしている。アパートの様な場所。

沈没船

そして実は、“沈没船のアパート”は毎日ちょっとずつ沈んでいる。それには誰も気づかない。

すでに1階の途中から、地下2階までは浸水していて、ブラックボックスの様な状態に。そこでは時折、大きな影が蠢いているのが視える。住人たちはそれを「海の怪物」と呼び、恐れ、近づかない。

しかしワニだけは違った。毎日、その浸水している1階にいく。毎日通っている。

何故かというと、そこには毎日何かが流れ着いてきて、それを楽しみに暮らしているからだ。例えば…“生ハム”なんかが流れ着く。そんな日の運勢は大吉だ。

友達がそんなに多くないワニにとってそれは、ささやかな、生きる楽しみの一つだった。

ある日…そこに一匹のトイプードルが流れ着く。

まだ子供のようだ(5歳くらい)。

トイプー

ワニにとって、「生活」とは自分一人のものだった。

楽しみも、悲しみも、驚きも、喜びも、一人占めだった。好きな時に好きなご飯を食べて、好きな時に寝て、好きなだけ夕焼けを眺める。

しかしトイプードルの存在によってそれは崩れていく。

ここから先は

651字
ここはしたら領の創作の土台。ここの活動費をベースに漫画を描き続けることができています。(いつもありがとうございます) 私は死ぬまで創作します。人間の感情を絵と言葉で捉える研究をします。購読して頂けるととても嬉しいです。

まんが創作基地

¥980 / 月 初月無料

1、2ヶ月早くオリジナル漫画の「先読み」ができます。時々「あとがき」や「おまけ」で創作裏話を書きます。

みんなそれぞれ本棚を持っていて、私も私の本棚を持っています。すでに名作や傑作でいっぱいの本棚に「自分の作品を差し込みたい。」それが私の挑戦です。たくさん作品を生み出して、トライしていきます。助力いただけると嬉しいです。