見出し画像

面白い漫画=分かりやすい?

プロ漫画家の端くれである私したら領が、面白い漫画へ到達するための日々の試行錯誤を、ありのままに綴っていく日記です。

したら領

面白い漫画を描きたーーーーい

と言うことでこんにちは。今回は読者から見た「面白い漫画」について書こうと思います。

ちなみに前回は
漫画家から見た「面白い漫画」について書きました。


■はじめに

では早速考えていくのですが。今回は作家の個性や、好き嫌い、時代性など、ブレそうな部分の話は、なるべく避けまして(誰かと喋るのは楽しいけど)。

漫画を構成する基本的な部分について、考えていきます。それはつまり…

どういうキャラで
どういうストーリー
どんなコマ割りだと
面白いと感じるのか?

といったことたち。

そんでもって、今回の記事を考えている最中に、読んだ本がありまして。『Dr.マシリト最強漫画術』と言う本なのですが。

ドラゴンボールを立ち上げた、言わずもがなの名編集者「鳥嶋さん」の著書です。

この本がめちゃくちゃ分かりやすくて、自分が朧げに考えていたことや、曖昧だったことが、具体的に書かれております。

なのでとても影響を受けてしまって。引用しまくりで、もはやそちらを読んだ方が、分かりやすいかつ、内容が豊潤かつ、具体的に図示されてます。

なので本気で学びたい方は、ぜひそちらの本を読んでください。単純に読み物としても面白いです。

「ドラゴンボール」の鳥山明さん、「電影少女」の桂正和さん、「ダイの大冒険」の稲田浩司(作画)さんたちのインタビューも必見です。


■分かりやすい=面白い?

漫画に限らずですが。
エンタメ作品の壁としてまず「分かりやすい作品」と「分かりにくい作品」があります。

そして、その壁を越えた後に「面白い」「面白くない」がきます。

つまりまず「分かりやすく」作らなければ「面白い」も伝わらない。と言うことですね。

では分かりやすい漫画とはなんなのか?

それはパッと一読した時に
そのページで何が起きているのか分かる」と言うことと。
何に期待して読み続ければいいかが明確」この二つだと考えます。

この二つが揃っていれば、好みは置いておいて、迷うことなく面白く読めます。
(言うは易しですが)

そして
「何に期待して〜…」の部分はストーリー・キャラが担っていて。
「そのページで〜…」の部分はコマ割り・カメラ演出が担っています。

全部書いていると長くなってしまうので。今回の記事では、ストーリー・キャラについて書きます。


■ストーリー・キャラ

・ストーリーは2択で単純明快に
例えば、ドラゴンボールの悟空は、連載当初、冒険モノとして始まりました。しかし、途中で人気が低迷したのでテコ入れをして、バトルモノへと変化し、人気作品となりました。クリリンが登場し、亀仙人との修行編に入ったあたりですね。

少年ジャンプの読者層がバトルモノを好む。と言うこともあるとは思いますが。バトルモノが「勝つ」か「負ける」か、と言う単純明快な二択の話であることも大きいでしょう。

つまり読んでいて迷わない、どこに期待すればいいのか、予測が立てやすいと言うことです。

刑務所から脱出する話などの、闘争劇も単純明快な話と言えるでしょう。読者は主人公が、「逃げる」か「捕まる」か、どちらかになるのかを、ドキドキハラハラして読むのです。そして無事に「逃げる」ことを期待します。

恋愛モノが、常に流行っているのも。恋愛が「成就する」か「成就しない」か、それをドキドキしながら読んでいるからでしょう。

こういった、「成功」と「失敗」の二択が、ハッキリしている話は、エンタメ作品化しやすく。分かりやすい作品は、そういった要素がベースにあります。復讐劇や不倫モノなんかもそうですね。

なので分かりやすい漫画を作りたかったら、二択でドキドキさせるストーリーを選択します。

■キャラ

・キャラにストーリーが詰まってる?
漫画では映画や小説以上に、キャラクターに重きをおきます。

それはおそらく、日本のエンタメ漫画が長期連載を前提としているからでしょう。キャラに魅力があれば、巻数が100巻を超えても、読み続けることができます。全体のストーリーが破綻してきても、キャラを追っていれば、読めてしまいます。

なぜキャラがたっていると読めてしまうのか?

それはつまり、良いキャラというのは、ストーリーを内包しているからです。

例えば悟空というキャラがいます。彼は「つええヤツと戦いたい」という至極明快な欲求を持っています。

そして、悟空の前に邪悪な強敵を出すだけで、バトルが始まります。そうすればストーリーも動きだします。

なのでヒット作の主人公には、たいてい明快な欲求があります。そしてその欲求が、共感や憧れを生みます。

つまり、分かりやすい作品にしたければ、主人公にハッキリとした欲望を持たせ。その欲望が際立つ状況を設置すれば良いでしょう。


と言うことで、今回はストーリー・キャラについて書きました。

次回は「コマ割り・カメラ演出(ミクロ視点)」について書きます(おそらく)。それではまた次回、さようなら〜

ここまで読んでくれてありがとうございます。この先は有料の袋とじです。「新作漫画の「先読み」や「創作過程」をお送りしております。

したら領

今回は「池田くんは殴りたい」の最新話。
26話のちびネーム&プロットです。

■ちびネーム


*一応ネタバレ
(見てもなんのこっちゃ分からんとは思いますが。セリフはプロットで補完する仕様です)

全19P

部室で話す、イケダとノブタケ

ここから先は

1,902字 / 9画像
ここはしたら領の創作の土台。ここの活動費をベースに漫画を描き続けることができています。(いつもありがとうございます) 私は死ぬまで創作します。人間の感情を絵と言葉で捉える研究をします。購読して頂けるととても嬉しいです。

まんが創作基地

¥980 / 月 初月無料

1、2ヶ月早くオリジナル漫画の「先読み」ができます。時々「あとがき」や「おまけ」で創作裏話を書きます。

みんなそれぞれ本棚を持っていて、私も私の本棚を持っています。すでに名作や傑作でいっぱいの本棚に「自分の作品を差し込みたい。」それが私の挑戦です。たくさん作品を生み出して、トライしていきます。助力いただけると嬉しいです。