見出し画像

ティラノ営業日誌6

このシリーズはティラノ部長のスピンオフ作品です

■営業日誌の1話目はこちら


6話「後悔を抱きしめて歩く」



ノリ、勢いで描ききっている今作ですが。個人的には好きです。

置いて行かれている方も、何人かいるかもしれませんが。もう走り始めた物語という名の列車は、途中下車できないのです。

そして、それを僕が今1番感じていたりして。しかし今回は絶対に最後まで走り切ります。今まで途中で投げ出してしまった作品たちが、何作かあるので、もうそういったことはしないぞ。

という決意の表れ。

ちなみに12月からどこかのWEBで始まる新連載(まだ内緒)は、もう少しお話を練りながら、リアリティラインも測りながら描いているので、また違った味が楽しめるかと思います。

そちらも頑張ります。始まったらぜひ読んでください。

学園モノです。

そしてティラノ部長の電子書籍2〜3巻の予約開始してます。ぜひよろしくお願いします。

編集長いわく、電子が売れることによって、紙の売上が伸びると、2巻3巻の紙書籍化が現実味を帯びてくるそうです。


そして今回を機に、ティラノ部長の電子書籍の表紙を新たに描き下ろしました。

それがこちら

1巻
2巻
3巻

少しでも売れるため、世の中にティラノ部長という作品と、したら領という作家が少しでも広まる可能性を上げるため。初めて見る人も興味を持てるように、表紙に物語性を足してみました。

これがどれだけの効果をもたらすのかは分かりませんが。

やれるだけのことはやってみました。

そんな感じで今日はこの辺りで、また次回。

さようなら。


もうすぐ今年も終わりか〜早いなあ

ここから先は

0字
ここはしたら領の創作の土台。ここの活動費をベースに漫画を描き続けることができています。(いつもありがとうございます) 私は死ぬまで創作します。人間の感情を絵と言葉で捉える研究をします。購読して頂けるととても嬉しいです。

まんが創作基地

¥980 / 月 初月無料

1、2ヶ月早くオリジナル漫画の「先読み」ができます。時々「あとがき」や「おまけ」で創作裏話を書きます。

みんなそれぞれ本棚を持っていて、私も私の本棚を持っています。すでに名作や傑作でいっぱいの本棚に「自分の作品を差し込みたい。」それが私の挑戦です。たくさん作品を生み出して、トライしていきます。助力いただけると嬉しいです。