見出し画像

1:マフィアみたいな黒猫

■まとめ


■次回











「エッセイ=フィクション」

今回の試みとして
エッセイの体を装ってフィクションを描きたい
というのがありました

そもそも大体の人は
エッセイ=実話と受け取るのが
基本なのだと思います

しかし例えばよくあるエッセイの型として

不倫をされている妻が
その物的証拠を掴み
夫に離婚を叩きつける
慰謝料を獲得して
めでたしめでたし

と言う「勧善懲悪」もののエッセイがあります
ただこれも夫の視点から語ることによって
違う印象の物語になる可能性があります

誰が語るからによって物語の意味が変わってくる
よくあることです

ベトナム戦争のドキュメンタリーも
アメリカ視点とベトナム視点では
その意味が違ってくるでしょう

つまりこの世の中にどの角度から見ても
同じものを移す「真実」など無いのだと思います

あるのはその人、その人が信じる「物語」だけ

物語にはそういった強さと怖さがあります


ぼくは普段、浮世離れした話を描きがちなので
そのアンチテーゼとして
この試みに至りました

現実との接点を設けたいのだと思います

それでいうと今回は
ヒワマリの下に黒猫がいたのは本当で

その黒猫の片目が潰れていたのと
ついてきたのはフィクションです

今後も自分の実人生から少しだけ脱線した妄想を
お届けできたらなと思います

ここから先は

0字
ここはしたら領の創作の土台。ここの活動費をベースに漫画を描き続けることができています。(いつもありがとうございます) 私は死ぬまで創作します。人間の感情を絵と言葉で捉える研究をします。購読して頂けるととても嬉しいです。

まんが創作基地

¥980 / 月 初月無料

1、2ヶ月早くオリジナル漫画の「先読み」ができます。時々「あとがき」や「おまけ」で創作裏話を書きます。

みんなそれぞれ本棚を持っていて、私も私の本棚を持っています。すでに名作や傑作でいっぱいの本棚に「自分の作品を差し込みたい。」それが私の挑戦です。たくさん作品を生み出して、トライしていきます。助力いただけると嬉しいです。