見出し画像

ティラノ営業日誌7〜8話

このシリーズはティラノ部長のスピンオフ作品です

■営業日誌の1話目はこちら


7話「怪しげな音に導かれ」



8話「この家からは出られない、唯一の脱出方法は」



「3月〜9月は隠しアイテムを探すための、旅であった」


お久しぶり!…の「ティラノ営業日誌」となってしまいました。

それもこれも新連載「池田くんは殴りたい」の準備が佳境にかかっていたからなのです。お許しいただきたい。愛は許すことから始まる。許しあいこそが世界平和への第一歩。

だから私も自分自身を許していきたい。そんな気持ちでいっぱいです。

そしてここから、新連載「池田くんは殴りたい」について少し語りたいと思います。


表紙

■あらすじはこんな感じ


よーしでは語っていきます。

まず何故語りたいかというと、とても手応えがあるから。

つまり、作家したらのコミックグラフィーの中で、ターニングポイントになる作品であると確信しております。

振り返れば「眠れないオオカミ」でデビューしてから早2年…今年2022年3月には「ティラノ部長」も完結し、次は何を描くんだ、という状況。

3月〜9月は作家として一皮剥けたくて、色々な色味の作品に着手しました。まさに試行錯誤の半年間。

完結まで走り切れずに、途中で打ち切りになってしまった作品も幾星霜…

しかし今はそれで良かったと、肯定的に捉えてます。

当時の状況を整理するなら、それはRPGのダンジョンを彷徨う一人の冒険者。

僕は昔からゲームが好きで、特にRPGやシミュレーションゲームを好んでプレイしてました。

ゲームにはその人の性格が出ます。僕はRPGのダンジョンを攻略する時、まず攻略本の類は見ません。まずは自分の手と足と目で理解したいから。

そしてその理解の仕方は「いかに失敗するか」という視点で始まる。つまりダンジョンとは迷宮のことで、進むにつれて道が幾重にも分かれて、ルートの選択を迫られる。

いくつかRPGをクリアしていると、なんとなく正解のルートは分かります。少なくとも二択くらいには絞れます。なので一直線にクリアするのはそれほど難しくない。しかし真っ直ぐクリアするのが、RPGの正解ではない。

なぜなら、行き止まりのルートにこそ、強力な隠しアイテム、ワクワクする隠しイベント、ゲームバランスを崩壊させうる、隠しキャラの伏線回収が、置いてあるから。

つまり必要最低限の寄り道をしつつ、正規ルートを進む、これこそが主人公パーティを強くする方法なわけで。そこのネタバラシが載っているのが、攻略本だという。

そんな前提の中、収集欲が強い、自分がとるプレイ方法は

全ルートを周る

という確実ではあるが、アホみたいな方法。

しかしこれは、どんなRPGでもそうするわけではなく。自分の気に入った、世界観に惚れ込んだゲームに対して発動します。

つまりそれは、隠しアイテムを全部揃えたい、というのもあるけれど。素敵な世界を全部覗きたいという、欲望があるわけです。

一つも取りこぼしたくない。

もしかしたら、完璧主義にも近いような感覚なのかもしれません。

しかしこの欲望は、行きすぎると本末転倒。ゲームを純粋に楽しむ気持ちから遠ざかってしまいます。

過ぎたるは及ばざるがごとし

とは言え、そういった欲望が自分の中に刷り込まれているのも、また事実。

つまり、漫画創作に対しても、その欲望は発動するわけで。3月〜9月の試行錯誤は、隠しアイテムを探すための旅だった。

とそうやって無理矢理繋げたりしてます。

それで言うと、隠しアイテムは見つかったのです。まだ言語化はできていないけれど。言葉にできるのはもう少し先なのだろうと思います。

次回は、試行錯誤のダンジョン探索の中で見つけた、隠しアイテムがなんだったのか。

そのあたりについて、記してみようと思います。

言語化するには、思考して、書きまくるのが良いと思うので。

では今回はこれくらいで、また次回。
さようなら


そうだ、そうだ。
最後に告知を

話題に上がった、新連載「池田くんは殴りたい」は
12/19(月)に立ち上がるコミックWEBサイト「よめるも」で
先行配信開始いたしますので
何卒よろしくお願いします。

本来ならnote購読者の方に1番に見せたい気持ちもあるのですが。

よめるもさん側の意向もあるので、noteやその他SNSで更新するのは、1ヶ月もしくは、2ヶ月遅れになると思います。

よめるもさん自体は無料で閲覧できるサイトだと、聞いているので。
(少なくともスタートからしばらくは)
ぜひよめるもさんでチェックして貰えたら嬉しいです。

また更新する度に、Twitterでお知らせします。

それではまた〜

ここから先は

0字
ここはしたら領の創作の土台。ここの活動費をベースに漫画を描き続けることができています。(いつもありがとうございます) 私は死ぬまで創作します。人間の感情を絵と言葉で捉える研究をします。購読して頂けるととても嬉しいです。

まんが創作基地

¥980 / 月 初月無料

1、2ヶ月早くオリジナル漫画の「先読み」ができます。時々「あとがき」や「おまけ」で創作裏話を書きます。

みんなそれぞれ本棚を持っていて、私も私の本棚を持っています。すでに名作や傑作でいっぱいの本棚に「自分の作品を差し込みたい。」それが私の挑戦です。たくさん作品を生み出して、トライしていきます。助力いただけると嬉しいです。