見出し画像

物語にテーマを与える

ここ数日、次回作のためにポチポチとプロットを書いている。とりあえず大枠はできたのだがしかし、何かが足りない。

物語づくりで立ち止まった時に、よく思い出す言葉がある。

「物語の基本は行って帰ってくる話である。」

実際に旅に出なくとも、主人公とは非日常に飛び込み何かを得てまた日常に帰ってくる事が多い。得るのは「宝物」だったり「成長」だったり「平穏」だったり、時には「死」だったりする。

広い意味で物語は旅なのだ。

漫画家はそれを絵とセリフで表現する語り手だ。

誰だって物語を語るにはそれなりに準備が必要で、プロットとはその最初の工程。旅に例えるなら計画を立てる瞬間(一番楽しい時かもしれない)つまりスケジュール表だ。

海外旅行イメージ

(しかし大抵の旅はスケジュール通りはにいかない。スケジュール通りにいったからと言って楽しい旅になるとも限らない)

スケジュールを作る際に大事なのは。

目的地を決めすぎて窮屈にならない事と、見知らぬ国で立ち尽くさない様に適度に目的地を置くこと。

それで言うと僕は予定の無い旅が好きだ。

だからこそ何度か立ち尽くして来た訳だが。

だがしかし恋人と旅行に行くとなるとそうも言っていられない。楽しい旅にしなければ、旅の終わりとともに「死」が待っているかもしれない。自分が旅を楽しむことと人がそれを見て面白いかどうかはまた別問題だから。

という事でプロットという名のスケジュールをより良いバランスでつくるために

自分が最近描いている作品を振り返ってみよう。それは「眠れないオオカミ」と「ティラノ部長」(原作:鈴木おさむさん)だ。

ここから先は

1,096字 / 2画像
ここはしたら領の創作の土台。ここの活動費をベースに漫画を描き続けることができています。(いつもありがとうございます) 私は死ぬまで創作します。人間の感情を絵と言葉で捉える研究をします。購読して頂けるととても嬉しいです。

まんが創作基地

¥980 / 月 初月無料

1、2ヶ月早くオリジナル漫画の「先読み」ができます。時々「あとがき」や「おまけ」で創作裏話を書きます。

みんなそれぞれ本棚を持っていて、私も私の本棚を持っています。すでに名作や傑作でいっぱいの本棚に「自分の作品を差し込みたい。」それが私の挑戦です。たくさん作品を生み出して、トライしていきます。助力いただけると嬉しいです。