見出し画像

新作思案中③

突然だが、主人公をワニからカエルにしてみることにした。

前回↓(新作思案中②)

https://shitararyo.com/n/n915f7da6e735

なぜ急にカエルなのか、それは今朝の6:00の自分が知っている。

-AM6 :00

少し肌寒い空気の中、僕はベッドと掛け布団の間にいる。横を見ると隣で恋人が寝ている、それを眺めて思った。「この人いなくなったらどうしよう」

悲しい。

しばらく創作に手がつかなそうだ。

僕は今、散歩中に落ちてくる枯れ葉に見惚れるくらいには幸せだが、それを支えている要素はか細く儚い。

明日目覚めた時、不幸になっている可能性は拭えない。

僕は現在の状況や環境に感謝しつつ思った

「この感情、マンガにしよう」

主人公の“根本思想”をこの感情に基づいて設計してみることにした。

🐸

根本思想は“執着”…と言うことにとりあえずしてみる(←この言葉は問い続ける必要がある)

…例えば。

誰かと出会い

→誘い誘われて

→共に何かを乗り越える(恋人の場合は告白やSEX?)

→共に時間を過ごす間に、かけがえの無い自分の生活の一部になる

→失うのが怖くなる(執着)

→相手を信じる(自分を〈お互いの関係性を〉自分自身の猜疑心から守るため💥(ここが物語の結論かな)

🐸

主人公のカエルは小さい池でひっそりと暮らしていて、他のカエルの仲間からは離れて過ごしている。

なぜかカエルの胸からは鎖が垂れていて、池の底まで深く深く、繋がっている様だ。

ここから先は

799字
ここはしたら領の創作の土台。ここの活動費をベースに漫画を描き続けることができています。(いつもありがとうございます) 私は死ぬまで創作します。人間の感情を絵と言葉で捉える研究をします。購読して頂けるととても嬉しいです。

まんが創作基地

¥980 / 月 初月無料

1、2ヶ月早くオリジナル漫画の「先読み」ができます。時々「あとがき」や「おまけ」で創作裏話を書きます。

みんなそれぞれ本棚を持っていて、私も私の本棚を持っています。すでに名作や傑作でいっぱいの本棚に「自分の作品を差し込みたい。」それが私の挑戦です。たくさん作品を生み出して、トライしていきます。助力いただけると嬉しいです。