見出し画像

気持ちよさで決める

昨日「いつか伝説の剣になる花」という
作品を投稿したのですが。
(いいね・おすすめありがとうございます)

投稿後、読み返してみると
余白や間が足りないことに気付いたので。

絵を3P分加筆して
セリフも修正した。
なので既読の方もそうでない方も
ぜひ読んでみてください。
読み応えが変わったんじゃないかと思う。



そして
昨日のあとがきにも書いたけど。
この作品は元々4コマ漫画からスタートしていて。
それと言うのも、4コマ漫画を描ける体になってみたかったから。

4コマでオチがありつつ、
満足感を持てるような作品をコンスタントに描ければ。

作家として武器になると思ったからだ。
(更新頻度は重要なファクターだから)


しかし結果として7コマ、つまり7Pで1話の作品になった。
当初の目的とはズレてしまったが
まあこっちの方が読みやすく
気持ち良かったので
今後もこれくらいの分量で投稿していこうと思う。

せっかくなので
追加した3コマ分の絵をここに載せておきます。
どの絵も気に入っている。
これくらいの大きさで描いた方が
気持ちよく描けるのかもしれない。

別の作品も
この紙芝居形式で描いてみようかしら


2Pめ

↑余白が美しく
とても気にっている一枚
自分はやはりデザイン的フェチが入っているモノが好きだ

3Pめ

↑意地悪な魔法使い
1話で消えるのに
ちゃんと事前にキャラデザをした、偉い。

もしかしたら今後
瓜二つのお姉さんなんか
が出てきたりするかも?

6Pめ

↑花粉が絵全体の収まりを良くしてくれている。
1枚絵としては
花粉のそれぞれの位置バランスは
ここからさらに検討すべきだとは思うが

セリフが入ってくることと
「上手に手放す」ことが
最近のテーマでもあるので
最初の自分の直感を信じるに
とどめた

ここまで読んでくれてありがとう。

ここからは
定期購読マガジン〈まんが創作基地〉を
購読している方に向けて
したら領の雑談やら近況です。

今日のおまけは
最近読んだおすすめの絵本

ここから先は

542字 / 3画像
ここはしたら領の創作の土台。ここの活動費をベースに漫画を描き続けることができています。(いつもありがとうございます) 私は死ぬまで創作します。人間の感情を絵と言葉で捉える研究をします。購読して頂けるととても嬉しいです。

まんが創作基地

¥980 / 月 初月無料

1、2ヶ月早くオリジナル漫画の「先読み」ができます。時々「あとがき」や「おまけ」で創作裏話を書きます。

みんなそれぞれ本棚を持っていて、私も私の本棚を持っています。すでに名作や傑作でいっぱいの本棚に「自分の作品を差し込みたい。」それが私の挑戦です。たくさん作品を生み出して、トライしていきます。助力いただけると嬉しいです。