見出し画像

休みを休めない、仕事と遊びの境目

==================
そうなんです。

またもやタイトルを変えました。

1日経ったらちょっと恥ずかしくなってきたのです。シンプル・イズ・ベスト。またしっくり来なくなったら、変更しちゃうかもしれません。
===================

2023:11:13

今日は土曜日なので、お休み。とは言え、ふとした時に話を思いついちゃったりするので。少しプロットを弄ったりはしてしまいました。仕事とプライベートの区切りが曖昧で、明確な休みがないのが、漫画家の悩みどころですね。個人事業主や社長の悩みでもあるかもしれません。

文化人類学の研究をされている松村さんという方がいるのですが。その片の著書を何冊か読みました。


確かこれらの本の、どこかに載っていたと思うのですが(違ったらすみません)。日本や西洋は、仕事と遊び(プライベート)を区切るけれど。アフリカのどこかの民族は、区切りがないのが当たり前。仕事のついでに遊んだり。遊びながら仕事をしたりする。

例えば、子供たちは遠くの川まで水汲みに行くのが、主な仕事だったりするのですが。水汲みついでに、お昼過ぎまで丘の上で遊ぶの日課。そして夕方頃に汲んだ水を持って帰る。子供達にとって仕事とは、遊びのついでにするもの、だったりするみたいです。

日本だったら早く水汲みを終えて、残った時間を家で遊ぶ。と言う思考になるかもしれません。どちらが良いと言う話ではないと思いますが。

早く仕事を終わらせると言う思考が、仕事を嫌なもの、負債のようなものにしてしまっているのかもなと思いました。他の文化や常識を知ることで、自信を相対化する。面白いなあと思いました。

今日はこんな感じでした。
それではまた次回、さようなら〜

今日のおまけは
「創作の裏話」
「家族のこと」
「5分で描いた勢いだけの2コマ漫画」
です。(休みなのでエッセイ漫画はお休み)

■今日やったこと
・勇者の話の1話の脚本を再考
・妻と子供たちと児童館で遊ぶ

ここから先は

492字 / 2画像
ここはしたら領の創作の土台。ここの活動費をベースに漫画を描き続けることができています。(いつもありがとうございます) 私は死ぬまで創作します。人間の感情を絵と言葉で捉える研究をします。購読して頂けるととても嬉しいです。

まんが創作基地

¥980 / 月 初月無料

1、2ヶ月早くオリジナル漫画の「先読み」ができます。時々「あとがき」や「おまけ」で創作裏話を書きます。

みんなそれぞれ本棚を持っていて、私も私の本棚を持っています。すでに名作や傑作でいっぱいの本棚に「自分の作品を差し込みたい。」それが私の挑戦です。たくさん作品を生み出して、トライしていきます。助力いただけると嬉しいです。