見出し画像

〜30万フォロワーへの道のり〜バズりにくそうな漫画をバズらせたい

オリジナル漫画「池田くんは殴りたい」で、Xのフォロワー数を30万人まで増やすための作戦会議日記

まずは昨日の投稿を応援してくださった皆々様、ありがとうございます。

2000いいねに届きそうな勢いです。


私は現在ありがたいことに、16万人のフォロワーさんがおります。

しかし、今年はしっかりとSNS連載できていなかったこともあり、インプレッションの熱量は高いとは言えませんでした。

そのことを加味したうえで、池田くんが1話完結型の話でないことを考えると、とても良い滑り出し。


■現在地点

今の自分のアカウントを分析すると。
投稿しても、自分のフォロワーさんのタイムラインにすら、行き渡っていない状態。

1年半前の、熱量が保たれている状態だったら、5000いいねくらい、いっていたかもしれません(分かりませんが)

なのでまずは、そこまで持っていきたい。

しかしいきなり、そんな上手くはいかないので。
一歩目として、最初は2000いいね超えを目指していきます。


■まず、フォロワー数とはどんな感じに増えていくのか

周りのフォロワー数が高い漫画家さんたちを観察していると。
そして自分の経験を踏まえると。

フォロワー数はじわじわ伸びると言うよりも、バズった瞬間に一気に伸びます。

「眠れないオオカミ」のときも、「ティラノ部長」のときもそうでした。

「ちいかわ」や「ねこおじ」など常にフォロワー数が伸びているように見えるアカウントは、常にバズっているから伸び続けているように見える理屈です。

そして実はフォロワー数が多ければ多いほど、減る量も多い。

バズっている間も、常に減り続けているのです。
減る量よりも、増える量が多いので、結果的に減っているように見えない理屈。


つまりバズる連載が終わって、次の連載まで1年とか間が空いてしまった場合。その間は、フォロワー数は毎日じわじわと減っていきます。

(毎日数百人とか…減ります)

なのでフォロワー数を増やす方法は、毎日投稿して、毎日バズる!

これが王道で鉄則です。

まあそれが簡単にできたら苦労はないのですが…

なのでまずは2000いいねから!そこを地道に目指していきます。


■平均2000いいねを獲得する方法

まずは…面白い漫画を描く。

身も蓋もないですが、そもそも魅力がないと拡散されません。

あとは、いかに発見されるか。

漫画は受けとってもらいやすいので、努力が実を結びやすい媒体ではあります。


しかし面白い漫画にも、種類があります。
同じくらいの面白さでも、伸びやすい漫画と、伸びにくい漫画があります。

それは…ジャンルを意識する。


■ジャンルを意識すると、いいねがつきやすい


「いやいやお前の漫画ノージャンルじゃん…」と思った皆様。その話はいったん置いておきましょう。

つまりジャンルとは、「バトルモノ」「恋愛モノ」とか、その中でも「百合」とか「BL」とかのことです。

「ちいかわ」や「ねこおじ」のように、可愛さでパッケージングしたり、人気の動物をモチーフにするのもありでしょう。一つのジャンルと言えます。

ジャンルにはすでにファンがいるので。そこに向かって漫画を投下すれば、お腹を空かした読者たちが、いいねを押してくれることでしょう。
(感想も言われやすい)

なのでジャンルが曖昧だった漫画を、ジャンルを絞って修正することで、急に伸び始める可能性は高い。

しかし…!!


池田くんはすでに描き始めてしまって、物語も佳境です。今更ジャンルを絞ることはできません。

なのでできることと言えば、投稿文で、ジャンルを伝えることです。

しかし正直「池田くん」が何のジャンル漫画なのか、私自身よく分かっていません。学園が舞台ですが。「学園モノ」というわけでもないですし。

「復讐モノ」の要素もあるのですが。最終的に「復讐モノ」になる気もしません。1番しっくりくるのは「ヒューマンミステリー」と言うジャンルなのですが。

言われてもあんまりピンとこないジャンル名ですね。期待しどころが分かりづらいというか。

なので池田くんはジャンルで売り込むタイプの漫画でもなさそうですし。

そして、おそらくSNSで、Xでバズるタイプの漫画ではないのだと思います。


じゃあどうするのか??


それはもうフォロワーさんに訴えかけていくしかないのです。
「面白いから読んでくれ!」と

続けて読んでもらえれば、面白いと言ってもらえる自信はあります。

しかしSNSでは、タイトル文や、最初の一枚目で、興味を惹かなければ、読んでもらえません。

ただし、例外もあります。

それは「すでにバズっている漫画は、読まれる」と言うことです。

いいねがたくさん付いていると、信用が生まれます。
行列ができているラーメン屋が美味しそうに見えるのと同じ理屈です。

なので、池田くんで30万フォロワーいくには、読者の皆さんに呼びかけて、応援してもらう他ないのです。


そうやって、池田くんの面白さに認知をじわじわとあげていくのが、30万フォロワーを目指す。私の作戦です。

なのでまずは、平均2000いいねがつくように、池田くんのファンを獲得していく。そのためのロビー活動をしていきます。

なので池田くんを面白いと思ってくれる読者の方々。したら領の作品を今後も読みたいと思ってくれる読者の方。

ぜひ一緒に池田くんの面白さを拡散してもらえると、大変ありがたいです。

重ね重ねよろしくお願いします。


そして読者の方々と、一緒にロビー活動をしていくには、投稿時間を決めて。それを周知して、約束事にしなければなりません。

池田くんの投稿時間は20時です。

20時にしました。よろしくお願いします。

なぜ20時なのかにも理由はあるのですが。

長くなってきてしまったので、今日はこの辺りでやめておきます。

もしこの記事が好評そうだったら、今後も、SNSのアカウント運用に対する、考えを書いていこうかなと思います。

それではまた次回。


たかがおまけ、されどおまけの袋とじ

今日の仕事は
・池田くんの線画(10ー17P)

■池田くんの線画

今日は池田くんの線画を集中的にやりました。

ここから先は

142字 / 9画像
ここはしたら領の創作の土台。ここの活動費をベースに漫画を描き続けることができています。(いつもありがとうございます) 私は死ぬまで創作します。人間の感情を絵と言葉で捉える研究をします。購読して頂けるととても嬉しいです。

まんが創作基地

¥980 / 月 初月無料

1、2ヶ月早くオリジナル漫画の「先読み」ができます。時々「あとがき」や「おまけ」で創作裏話を書きます。

みんなそれぞれ本棚を持っていて、私も私の本棚を持っています。すでに名作や傑作でいっぱいの本棚に「自分の作品を差し込みたい。」それが私の挑戦です。たくさん作品を生み出して、トライしていきます。助力いただけると嬉しいです。