マガジンのカバー画像

まんが創作基地

したら領のまんが作品が並んでいる本棚。地球上のどこより早く読める。毎月8本以上更新。したらの収入源であり創作の土台、応援される場所。読者さんの溜まり場になったら嬉しい
月に8本以上更新。ちょっとした創作の欠片と駄話もついてくる。キラカードは付いてこない。付けれるなら… もっと詳しく
¥980 / 月 初月無料
運営しているクリエイター

2021年3月の記事一覧

固定された記事

ティラノ部長㉜

32話 『社長からの呼び出し』 【ココまでのあらすじ】花田さんと別れた、ティラノ部長。落…

ティラノ部長㉛

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

シン・エヴァンゲリオン劇場版:||を観た。

漫画家(32)の感想です、ネタバレあります。 ▼ ▼ ▼ ▼ 映画を見終わった後、「ありが…

魅力的な主人公とは

3月26日から3週間。「根津のカレーラッキー」さんで、個展を開かせて貰えることになりました。…

物語にテーマを与える②

前回↓ ▼ ▼ 僕は今まで物語をつくる時。面白そうな冒頭やあらすじを思いつたら、とりあえ…

ティラノ部長㉙

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

物語にテーマを与える

ここ数日、次回作のためにポチポチとプロットを書いている。とりあえず大枠はできたのだがしかし、何かが足りない。 物語づくりで立ち止まった時に、よく思い出す言葉がある。 「物語の基本は行って帰ってくる話である。」 ▼ ▼ 実際に旅に出なくとも、主人公とは非日常に飛び込み何かを得てまた日常に帰ってくる事が多い。得るのは「宝物」だったり「成長」だったり「平穏」だったり、時には「死」だったりする。 広い意味で物語は旅なのだ。 漫画家はそれを絵とセリフで表現する語り手だ。

スキ
14

ティラノ部長㉘

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます