見出し画像

感謝感激雨あられ

マンガ「眠れないオオカミ」の電子書籍を発売できることになりました。

ありがとうございます。

眠れないオオカミ① 

画像3

https://www.amazon.co.jp/dp/B089D76XTB/ref=cm_sw_r_cp_tau_i0o1EbD64EZQ0

眠れないオオカミ② 

画像4

https://www.amazon.co.jp/dp/B089D6ZBNC/ref=cm_sw_r_cp_tau_rZo1EbV5CD2A8

今回、電子書籍を発行するにあたって、色んな方のご協力をいただきました。

…しかし以前別の記事でチームプレイが苦手だと言ったことがあります。

(小中高と野球・バスケをやっていて、高校3年生のときにやっと確信した。)


それは今でも変わっていなくて、5人以上の集団に加わる瞬間、何とも言えない嫌な予感…結界が張られた神社に飛び込んでいく悪霊のような気持ちになる。

それはオンラインでも変わらなくて、zoomだと7人くらいが限界である。

まあ別に、ちょっと踏ん張って慣れれば、そこには全然居られるわけで、本当に苦手な人と比べればなんて事ないレベルだけれど。

苦手意識は拭えない。

画像1

集団の中で自分の役割を見出すことが下手なのかもしれない。

トゲなく自分の意見を伝えることは本当に難しい。

それでも人間が嫌いなわけではない。(「嫌いだー」と叫びたくなることはあるけど。つまりそれは愛情の裏返しだ)

何とか自分の居場所を探している。

まあ何でこんなことを話しているかと言えば、今回の電子書籍の作業の中で「周りを支えている人へのrespectを忘れないように。」という言葉をもらってハッとした瞬間があったから。

それはデザイナーさんであったり、電子書籍発売までを滞りなく進めて頂いているコルク(お世話になっているエージェンシー?会社)の方々だったり、フォロワーの皆さんだったり。(本当に思ってる)

まあ友人、知人だったりする訳である。(恋人と言えないのが何とも哀しいが)

画像2

しかし何故だろう。

…そもそも独りで生きてくために、始めたマンガだと言うのに。

結局独りでは生きていけないのだ。そこに辿りつく、矛盾を抱えながら進んで転んで泣き笑うのが我が人生。


と言うことで、感謝の気持ちを忘れずに生きていこうと思った月初めでした。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
したら領|絵本まんが

絵本まんがを創りたい。 絵本の様に寓話的で、まんがの様にエンターテインメント、世代を越えて本棚に飾られる、心に残る作品を。

🌸アナタに幸あれ🌸
74
眠れないオオカミ(グッズ・書籍)→ https://a-sleepless-wolf.shitararyo.com/ ◆ティラノ部長連載中 ◆◆お仕事はコルクまで→ info@corkagency.com