見出し画像

よだかの星とオオカミ

「よだかの星」

宮沢賢治の作品です。もちろん「銀河鉄道の夜」も好きなんですが(カムパネルラ、ジョバンニ、ザネリ…)

当時20代前半の僕には、よだかの物語がぶっ刺さりました。

主人公はタカになれない醜い鳥“よだか”。森のなかに居場所がなく、生きづらそうにしている。

情けなくて哀しくて、ここじゃないどこかに行きたいと願っていて、そしてさまよい疲れ切った果てに、星にむかって飛んでいく…その姿が何ともいえず美しい。

読み終わったあと、これは自分だと思いました。

小学生の頃。

自分の家は森に囲まれたような僻地にあって、壁にはツタが絡みついていました。(ラピュタっぽくて好きでしたが)家から学校までは歩いて1時間かかるような陸の孤島で、特に小学生にとっては通うだけで冒険気分です。

1番近いクラスメートの家でさえ歩いて20分。
その子の家にはスーパーファミコンと「星のカービィDX」があったので、下校後、走って7分で遊びにいきました。そのおかげか冬のマラソン大会では毎年2位。

とうぜん近所に同年代の子供はほとんどいないので、年上ばかりと遊んでいました。

そんな所に城をかまえる両親ですから、やはり少し変わっていて。父親にはよくキャンピングカーで連れ回され、家にはLEGOが山ほどありました。

育てられた環境が何だかクリエイティブだったせいなのか…いつ頃からか周りとズレを感じるようになりました。 

例えば、小学3年生。夏休みの読書感想文。

初めて見る何だか面白そうな課題に興味をもった自分は、その他の宿題をほっぽりだして、夏休みの半分を読書感想文にあてました。題材は「名探偵ポワロ」。

小学3年生したら領くん渾身の感想文は、教頭先生を動かしました。校内放送で呼び出されたのです。なんぞや賞でも貰えるのではと、ルンルン気分で駆けつけると教頭先生は一言、「これお父さんに書いて貰ったろ?」

そう、怒られました。

その時の教頭先生の顔を今でも覚えています。しぶしぶ子供っぽい文体に書き直し、再提出しました。既存の文章を参考にしすぎたのが裏目にでました。それ以来読書感想文は書いていません。

授業中でも先生の質問に答えると、周りからよく笑われました。「可笑しなことを言ったつもりはないのに」

自分の挙動が可笑しかったのか、答えが素っ頓狂だったのか。“天然”だね、と言われることも多く。笑いをとれるのは楽しい反面、だんだんと自分が異物であることを自覚していきました。

中学生に上がる頃には、それはハッキリとした輪郭を持っていて。親しい集団の中、自分だけが少しズレた位置から会話をしているような感覚でした。

そんな思春期はゲームや漫画の恰好の温床。

部活が終わって帰宅、夕ご飯をすませたら、自分の部屋にもぐりこみ。まずプレステかゲームボーイアドバンスの電源をいれます。

1人で没頭する時間と空間が我が人生、裏の青春でした。(「アークザラットII」は忘れることのできない、プレステの名作ゲーム300時間はやりました、オフラインだというのに。)

ひとり遊びでしか満たせない欲求を、貪り食う毎日。

高校生になると舞台はBOOKOFFに移り、装備はプレステ2に変わりました。ゲームをジャケ買いするのが趣味になり、前情報をいれず、当たり外れを見極めるのが楽しみでした。

表舞台はバスケ部。
この辺でやっと自分はチームスポーツに向いていないことに気づきます。
試合中のチームメイトはエイリアンみたいで、何を望んでいるのか全く分からない。

とうぜんチーム内の評価は低かった。後輩から舐められまくりんぐでした。

ただ自分は永遠とフリースローの精度を高めていたかった。高校3年最後の試合は悔しさも涙もなく終わりました。

「フリースロー個人種目があればオレが優勝したのでは」と呟いてみたり、しかし緊張しいなのでそれも無理だなと思ったり。

それでも

やはり人と関わらずに生きていくことは出来なくて、一人は寂しくて死んでしまう。

だから今だにずっと、自分の言語が通じる場所を探していて

けど多分それは、自ら作りださないといつまで経っても存在しない世界で。「どこか遠くへ」と願っているだけでは、まわりの景色は変わらなくて

よだかのように飛んでいかないと。

自分にとっては漫画がソレで、どこか遠くへ飛んでいけるような気にさせてくれるキーアイテムです。

きっと「眠れないオオカミ」のオオカミは自分自身の化身で。

よだかは最後、美しくやさしい星になるけれど、オオカミはどうなるのか。描き続けていればいつかどこかにたどり着けるのでしょうか。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

絵本マンガを創りたいクリエイター。 親から子へ友人から恋人へ。本棚に飾って嬉し懐かしくなるような作品を皆さんと一緒に創っていきたいです。

スキってクリエティビティ❤️
139
眠れないオオカミ【水曜更新】◆オオカミLINEスタンプ→ https://line.me/S/sticker/10992639/?lang=ja&ref=gnsh_stickerDetail ◆お仕事はコルクまで→ info@corkagency.com

こちらでもピックアップされています

マンガ日記
マンガ日記
  • 21本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。