マンガの原案③(鈴木おさむさん)
見出し画像

マンガの原案③(鈴木おさむさん)

『ティラノ部長』はおさむさんから頂いた「原案脚本」をもとに、僕がマンガに起こした作品です。

中年サラリーマン・ティラノの「ジェネレーションギャップを趣深く眺める漫画」です。おさむさんの脚本はいつも簡潔で感情がスッと入ってきます。

テキストからマンガに至る過程を見れるのは、刺激的かつ貴重なのでは。

「自分だったらこのシーンはこうやって絵にするな」などと考えながら読んでも楽しいかもしれません。
===================

会社。

プテラ「ティラノ部長、明日の会議、ZOOMのリモートでいいですよね?」

ティラ「オッケー」


NA 「実は人生、初リモーート!!」


調べるティラノ。

NA 「それからZOOMを必死に調べた!!」


ティラノNA 「なぜだ!なぜあの時・・・・」

ティラ「ごめん、私、ZOOM初めてなんだ。教えてくれない?」

NA 「そう言えなかったんだ」


デロリアンに乗って、あの瞬間に戻りたい


家でのティラノ

NA 「でも大丈夫だ!私はじゅうぶん勉強した」

ティ 「私は出来る!!出来るんだーーーーー!!」


NA「そして本番!!」

ティ「いよいよ始まる時間だ!!」

家のパソコンでZOOMの画面を開く。


ティ「ここを押して!!カメラをONだ!!」


10

ティラノ、自分の画像が出て会社のメンバーとZOOMに。

心の声「よーし、映ったぞーーーー!


11

心の声「ここまで来ればもう大丈夫!!だけど、ここで喜んだ顔をしてはダメだ!!」


12

心の声「出来た!俺は出来たんだ!!」


13

プテラ「それではティラノ部長、新しい案件の説明を!」


14

プテラノパソコンにうつるティラノ。

ティラノ、一生懸命喋るが。


15

NA 「ティラノ部長は気づいてない・・・・」

喋るティラノ


16

NA 「ミュートのまま一生懸命喋っていることに・・・・」

喋るティラノ。

画面にミュートマーク。

===================

本編はこちら↓(定期購読マガジン)

https://shitararyo.com/n/n493e961e4589


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
したら領|絵本まんが

世界中の本を集めた図書館があったとして。きっとその本棚は過去の名作や傑作でいっぱいです。その隙間のちょうど良い所に、自分の作品を差し込んでいけたら、良いなと思います。

感謝感激雨あられ🐤
主な作品■眠れないオオカミ■ティラノ部長■はぐれ勇者エッセイ漫画も気まぐれに更新