三人ぐらし①
見出し画像

三人ぐらし①

ここ2ヶ月ほど

日記をつける感覚で、エッセイ漫画を描いていて

やっと最近、感覚を掴めてきた。

🌙

なので

今後はこの「三人」で、日々を綴っていきます。

良ければどうぞ、ご一緒に。

1話 『三日月と海底火山』



1三日月と海底火山_004

1三日月と海底火山_003

1三日月と海底火山_004

1三日月と海底火山_005

1三日月と海底火山_006

1三日月と海底火山_007

1三日月と海底火山_008

1三日月と海底火山_009


🌋

🌋

恋人に出会ったのは

ちょうど去年の今頃。

ボクの生活も随分と変わりました。

大変さもありますが。

恋人と子供と暮らすのは

学びが大きく。

ひるがえって両親。特に、父親のことを思い出します。

自分のことをこんな風に見ていたのかなと。

🌋

今となっては、確かめる術もありませんが。

少しは人間らしく

社会と接続しながら生きれているような気がして。

怪獣だったボクは

毛皮から、少し顔を出して

太陽の光を浴びている気分です。

🌋

光の浴びすぎも

健康に悪そうなので

ほどほどにしつつ

行き来できたらなと思います。

ではまた次回!

さようなら〜

ファンクラブを9月1日に開設するので

良かったら覗いてみてください。


この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
自分はずっと生きづらさを根底に感じながら過ごしていました。それは誰もが心に持っている“かいじゅう”。どの作品にも色んな“かいじゅう”が出てきます。変なヤツがココにもいるなと一息つける様な秘密基地を。

まんが創作基地

月額980円

マンガ作品(ティラノ部長)を月に4本先行公開。そして、次回作の構想や創作過程、そこに対する考え方などを公開してます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
したら領|絵本まんが

世界中の本を集めた図書館があったとして。きっとその本棚は過去の名作や傑作でいっぱいです。その隙間のちょうど良い所に、自分の作品を差し込んでいけたら、良いなと思います。

🌸アナタに幸あれ🌸
眠れないオオカミ(グッズ・書籍)→ https://a-sleepless-wolf.shitararyo.com/ ◆ティラノ部長🦖&エッセイマンガ🎨を先行公開